経験から

足のマッサージ

子供のころ、若いころにはなかったシミが年齢を重ねていくうちにいつのまにかできていたという経験を持つ人も少なくはないのではないでしょうか。シミはメラニンがたくさん出てきて色素沈着をしてしまったものです。メラニンは肌の奥にあるメラトニンが出しているもので、紫外線や刺激から肌を守るために出てきます。それが若いころは新陳代謝も活発なので、紫外線や刺激と戦ったメラニンは28日間というターンオーバーによって剥がれ落ちて、肌に残ることがありませんでしたが、年齢を重ねてくるとターンオーバーの期間がどんどん長くなってくるために剥がれ落ちないメラニンが残っていくということになり、さらに紫外線を浴びたり刺激を与えたりしてメラニンが出てくると肌表面のメラニンがどんどん蓄積されていき、それがシミになっていくのです。本来なら肌を守るためのメラニンが、シミとなって悩みのもとになってしまうということです。

シミが増えてくると更けて見られることにもなるので、何とかして消す方法がないか探したくなります。シミを消す効果があるといわれる化粧品やサプリメントを試してみたり、エステに行ったりして少しでもきれいになるように努力をすることでしょう。シミを消すには原因となったものを改善していく必要があります。紫外線や刺激をあまり受けないようにすることがまず大切です。シミを消すというよりはまずそれ以上増やさないように、また濃くならないようにすることです。そしてターンオーバーを若いころのように28日周期にできるだけ戻していくことが大切です。そうすることで肌の古くなった角質を早く剥がすことができます。ターンオーバーを短くするには肌をマッサージするなどして肌を柔らかくすることや乾燥しがちな肌に潤いを与えることが大切になってきます。このようなことを続けていれば完全に消すことは難しくても目立たなくすることができます。